« 土用の丑の日に | トップページ | いつの間にやら秋 »

立秋を迎えて

              「なんか変な感じ」

 少し前にやっと梅雨が明けて夏らしくなりました。ニュースを聞いてすぐに「暑中お見舞い」を書きました。いつも趣味の絵手紙で夏らしいはがきにしています。送る人の顔を思い浮かべ「元気にしているかな?」「いつもお世話になっています」と思いながら書いています。お手紙はもらうと嬉しいので、送るのも大好きです。メールもいいけれど、やっぱり手書きもいいですね。(o^-^o)

 さて、暑中はがきを出したばかりなのにもう「立秋」。「えっ?残暑見舞い?」何か季節の変化についていけない。温暖化で気候がおかしくなってくると、本来の季節を楽しむといういいものが失われていってしまうようで悲しいな~と思いました。そんな中久しぶりに主人とパンチと近くの公園に散歩に行ったらもう木々は秋の準備が始まっていて、どんぐりの赤ちゃんが実っていたし、松ぼっくりに似た実も大きくなっていました。気候がどうであれ、植物は季節を感じ精一杯生きているんだな~としみじみ思いました。

|

« 土用の丑の日に | トップページ | いつの間にやら秋 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立秋を迎えて:

« 土用の丑の日に | トップページ | いつの間にやら秋 »