« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

ちっちゃな箱から涼を・・・

             「かわいいおもてなし」

 今日は雷が「ゴロゴロ」となり、我が家の愛犬「パンチ」は雷が怖いので私の後を追いかけて来て、うろうろしていました。今日は友達が遊びに来てくれることになっていて、身支度を始めたら置いて行かれるんじゃないかと思ったみたいで、そわそわし出して不安そうな顔をしていました。(笑)

 さて、今日は小さな箱を利用したかわいい涼を紹介したいと思います。もともとチョコレートが入っていた箱だったのですが、この仕切りがある箱を見た時になぜか創作意欲が沸いてきて・・・。827_2作っちゃいました。そして、翌日友達が遊びに来てくれることにもなっていたので、ウェルカムボードならぬウェルカム?う~ん いいフレーズが思い浮かばないけど、分かってもらえますか?です。(笑)色違いのモスを敷き詰めて、アジサイやブナの実などで爽やかさを出しています。箱が黒なのでメリハリがついて、きりっとした感じに仕上がったと思います。小さい箱だし、なんと言っても軽いので、狭い空間や壁にも簡単に着いちゃいます。貝殻と一緒にディスプレイすれば、涼の空間の出来上がりです。今回は写真もうまく撮れて、かなりのお気に入りです。皆さんもかわいい箱に出会ったら、何かちっちゃな涼を作って楽しんで下さいね。楽しいですよ~♪  

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大きなリース

          「初挑戦の大きさ」

 我が家の周りは結構緑がたくさんあって、夏は蝉の大合唱が朝から夜中まで続いています。蝉って結構遅くまで活動しているって知ってましたか?夜中の2時位まで鳴いてるんですよ。そして、我が家の庭のあちこちに蝉が地面から出てきた穴があちらこちらに残っています。いったい何匹の蝉が誕生しているのか?ふと疑問(笑)

 さて、土曜日にリースを納品して来ました。私がもう10年位でしょうか、お世話になっているオーナの美容院「フランネルさん」です。去年一年間季節ごとのリースを作らせて頂いて、そして今回お客さんがソファで待っているその目線の先の一番いい場所に・・・というお話を頂いたのです。ただかなり大きなリースになりそうだったので、正直心配でもありました。今まで直径25cmのリースはよく作っていたのですが、今回のリースは直径35cm。817 悪戦苦闘しながらリース台を作り、リース作りの開始。私の中の「フランネルさん」のイメージカラーが柔らかい黄緑色と白だったので、その2色をメインカラーに、そしてピンクをアクセントカラーにして優しく・かわいらしいリースに仕上げました。もちろん「鳥」も登場です。一番難しかったのは、バランスでした。色と大きさのバランス。今回いい勉強になりました。そして、毎回そうなんですが、出来上がって直接手渡しするまでが「ドキドキ」。まず無事事故もなく持って行けるか?おっちょこちょいの私は途中で転んだり、人とぶつかったりして「くしゃ」ってならないか?出来上がったリースを気に入って頂けるかな?この二つがいつもドキドキなんですよね~。でも、「ありがとう」と気に入っていただけると本当に幸せ・・・。この瞬間が本当に嬉しいですね~。今回のリース「テーマ フランネル」も気に入って頂けて、本当に嬉しかったです。フランネルさんありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

贈り物に

              「涼をどうぞ・・・」

 先月のこばーどの個展を見に来てくれた友達からリースを作って欲しいと言われました。ご近所でお世話になっている方がいるので、その方にリースをプレゼントしたいということでした。その依頼をもらった時とっても嬉しかったんです。私自身リースは特別なものでなく、暮らしのそばにあり、リースから「癒し」を感じてもらえる存在であって欲しいなぁと思っていたから。だから、そういう場面にリースを使ってもらえたのは本当に幸せ。kちゃん、ありがとうね。816

 今回のリースも季節が夏なので、「海」をテーマに作らせていただきました。「こばーどのリースの輪」で作ったリースに少しアレンジを加えて、こちらも爽やかに仕上げました。リビングや寝室に飾っても素敵だと思います。我が家でも「海」のリースをリビングに飾っているのですが、リースがあるのとないのとでは全然違うと思うんです。なんとなく「涼」を感じるんですよね~。視覚からの情報って人間に大きく左右するらしいですから・・・。(笑)ただ単に私が「単純」なのかもしれないですけどね・・・。(へへへ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花言葉

          「千日紅の花言葉にびっくり」

 最近は本当に暑かったり・蒸し暑かったりと体がだる~く感じます。日焼けも気になるし、子供の頃みたいに純粋に夏を歓迎できないこの頃。う~ん。でも、夏のイベントには「うきうき」しちゃいます。ここ何年か、花火大会にも出かけてないので、今年はゆかたを着て花火大会に出かけようと主人と決めています。楽しみ~。

 さて、暑いのはもちろん人間だけでなく・・・。我が家では犬を飼っていまして、夕方から私がベッドに入る数時間の間リビングに一緒にいるんです。最近暑くなったので、フローリングに「ゴロン」としています。しばらくして自分の体温で暑くなってくると、また新たなヒンヤリした場所に移り「ゴロン」814 と何度も繰り返しています。風がそよそよしてくると窓のそばに行きそこでも「ゴロン」なんだか暑いけど、そんな姿を見ていると「ほのぼの」してきます。ただ最近扇風機を出したので、犬の毛が・・・。そこでクイックルワイパーが大活躍。動いたらすぐ出動。それを見ていた主人が一言「モップおばさん」そこで私は「せめてモップガールにしてよ」どっちもどっちなんですけどね~。(笑)そして、気が付くと主人も「ゴロン」犬は飼い主に似るんですよね~。同じ姿で寝ています。一人取り残される私・・・。トホホ・・・。

 さてさて、私はリース作りに「千日紅」を取り入れるのが好きで、よく使っているのですが好みの色の千日紅が手に入らない時もあり、好きな色の千日紅があったら、苗から育て収穫しドライにして、リースを作る事にしました。815 ブリキのバケツの底に穴を開け、すくすくと成長するのを楽しみにしています。さわやかな白を選びました。そして、当初は種から育ててみようかな~と考えていたので、ホームセンターでパッケージの後ろの説明を見ていたら、びっくりな文字が・・・。なんと千日紅の花言葉が「変わらぬ愛」だったんです。思わず「えっ」でした。皆さんご存知でしたか?私は知らなかったので、びっくりしました。花言葉には詳しくない私ですが、そういう「愛」を表現する花って「バラ」と思っていたので、「君たちもそうなの?」って感じでした。でも、そんなロマンチックな花言葉の千日紅を使ってリース作りが出来るのは、なんだか嬉しいな~と思います。完成した作品も今までとは違う気持ちで手に取る事が出来る気がします。早くこの子たちを使ってリースを作りたいなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »